痩身エステ大辞典 » 痩身コラム~痩せたいあなたのために~ » エステのクーリングオフを考えているあなたへ

クーリングオフとは

COLUM

あなたの希望にアプローチ
効果◎な痩身エステNAVI

SLIM BODY

エステのクーリングオフを考えているあなたへ

クーリングオフとは

契約書の画像

クーリングオフとは、一度結んだ契約を、一度冷静に考え直して解除できる特別な制度のこと。契約時から一定期間内であれば無条件で契約を破棄できます。解約に対する料金は一切発生しません。契約書にキャンセル料や損害賠償がかかると記載されていても無効となります。

法律自体にはクーリングオフという言葉はありませんが、割賦販売法や訪問販売法など、複数の法律に定められている制度がまとめてクーリングオフと呼ばれています。

エステもクーリングオフが適応されます

エステをクーリングオフする場合は、法定の交付書面を受け取ってから8日以内でなければなりません。エステは法律上、特定継続的役務提供の対象になるので、クーリングオフ期限が8日以内になります。この期限が有効なうちに必ず書面でクーリングオフをしてください。

ただし、もし、期間が過ぎてしまった場合でも、契約を解除できるケースがあります。

期間が過ぎていても役務提供契約は中途解約が可能です。クーリングオフとは違いキャンセル料が発生してしまいますが、上限が定められているので安心してください。

サービスを受ける前であれば、エステは2万円まで。

すでに何度かサービスを受けた後の場合は、役務提供対価相当額+エステであれば2万円、または契約残額の10%に相当する額のうち低いほうの金額がキャンセル料になります。

クーリングオフの条件

エステは「特定指定役務の提供契約」というクーリングオフが可能な契約です。しかし、エステであれば何でもクーリングオフできるわけではなく、以下のようないくつか条件があります。

・期間が1か月以上

・金額が5万円以上

・人の皮膚を清潔にする、若しく美化する、体型を整える、または痩せるための施術を行うこと

例えば、5万円以下の契約の場合は、クーリングオフの対象外になってしまいます。ただし、施術だけで5万円ではなく、入会金や化粧品といった関連商品などがあれば、それらも含めて5万円あれば大丈夫です。

ただし、クーリングオフは強い勧誘を受けて仕方なく契約したり、考える余裕がないまま契約してしまったりした場合にしかできません。自ら進んで契約してしまった時はクーリングオフができないので注意してくださいね。

クーリングオフする際の注意点

エステをクーリングオフする際に注意しなければいけないことがあります。

それは「提供された消耗品を使わないこと」、「書面で解約すること」。この2つは必ず守らなければいけません。

契約した相手から化粧品といった消耗品を受け取っていた場合、その消耗品を使っていてもクーリングオフが認められないというケースは稀です。しかし、エステというサービスのクーリングオフは認められても、使ってしまった消耗品の売買契約のクーリングオフが認められないことがあります。クーリングオフするつもりであれば、消耗品も使わないように注意したほうが良いでしょう。

クーリングオフは法律上、書面で行う必要がありますので、必ず書面でクーリングオフすることを通知してください。電話や口頭で契約を解除したいと伝えても、クーリングオフは適用されませんので時間を無駄にしてしまいます。

クーリングオフの流れ

契約日から8日以内(契約当日も含む)であれば、手数料なしで契約を無条件で解除できます。例えば、7月4日に契約した場合、7月11日までにクーリングオフの手続きが完了していれば成立するのです。

クーリングオフの手順

1.電話連絡

契約解除を決めた時点で、なるべく早く契約先に電話で連絡します。

期限がせまっている時でも電話で「明日書面を送ります」と伝えることでトラブルを防止。

2.契約解除通知の投函

通知するハガキを両面コピーして控えたら、原本のハガキを投函します。

トラブルを防ぐため「特定記録郵便」または「簡易書留」で送付するのがおすすめです。

ハガキを投函するだけで法律上、クーリングオフは成立します。

悪徳なサロンには注意!

困っている女性の画像

「契約解除できません」と書いてあるサロン

長期コース契約やそれに伴うクレジットの契約は、中途解約が認められているので、サロンは顧客からの解約依頼を拒否できないのです。また、契約日から8日以内は無条件でクーリングオフを認めなければいけません。万が一、契約書に「サービスの中途解約はできません」という旨の記載があれば、それは法律違反になります。

総額で5万円以上にならないコースやサービス提供期間が1か月未満の場合は、契約書の交付義務が生じません。心配であれば、解約条件をしっかりと聞いて、納得してから契約を結びましょう。

体験コースで契約を強引にすすめられた

無料体験や初回限定低価格での体験の後、なかなか帰らせてくれなくて契約をすることになってしまったというのはよく耳にする話です。

エステサロンは広告を出したり、無料体験や低料金での体験サービスを提供したりすることで人を集めます。それはお店に顧客を集めるためのものであり、本題は無料体験などが終わった後、新たに契約を結んでくれるかどうかです。

全国展開しているようなエステサロンであれば、本社から厳しいノルマを課せられていたり、契約者を増やせば高額な歩合がもらえる仕組みになっているところもあるでしょう。そういう環境で仕事をしているのであれば、どうしても契約を取りたいと思うもの。帰りたいと言っているのを聞いてもらえないようなエステサロンは、契約後でも話を聞いてくれない可能性があるので注意しましょう。

キャンペーンとは違う内容で契約がすすんだ

自分が得をしているように見えても実際は中途解約ができず、施術を受けていないのにお金を払わないといけなくなってしまうケースもあります。

極端な例をあげると、「通常は5回で15万円のところ、キャンペーン中なので、サービスで5回分プラスして、10回も施術できて20万円!」という契約内容。通常より10万円も安いのでお得な気がしますが、このような契約内容の場合、4回目で中途解約しようとするとほとんど返金されない可能性があります。また、6回目以降の施術からはお店側としては売上が発生しないため、次のエステの契約を催促してくるケースが多くなることも。契約した時点では得をしたと思っても、実際には高額な契約につながる可能性があるので注意してくださいね。

クーリングオフの相談をしたい場合は…

エステティック業界では相談窓口が設置されていますので、エステティックサロンについて疑問や相談、苦情などがあれば下記の相談窓口に連絡してみてください。

AEA エステティック消費者相談センター(一般社団法人日本エステティック業協会)
電話番号 03-5212-8805
受付時間 月、水、金 12:00~17:00
(夏季・年末年始、祝祭日は除く)
相談内容 エステティックの契約やサービスに関連するトラブル
疑問に対する助言や情報提供。
美容ライト脱毛相談室(一般社団法人日本エステティック工業会)
電話番号 0120-15-8310
受付時間 月~金 9:00~17:30
(祝祭日・工業会特別休日は除く)
相談内容 美容ライト脱毛トリートメントに関連するトラブルまたは相談。
AJESTHE サポートセンター(一般社団法人日本エステティック協会)
電話番号 0120-915-467
受付時間 月~金 9:00~17:00
(祝祭日・年末年始は除く)
相談内容 相談内容:協会登録サロンの施術、契約や解約、サービスなどに関連する相談

エリア別駅チカエステサロン検索

北は札幌、南は福岡までサロンを集めました。お近くのエステサロンをチェック!