エステでの勧誘の断り方!

COLUM

あなたの希望にアプローチ
効果◎な痩身エステNAVI

SLIM BODY

エステでの勧誘の断り方!

痩身エステでは、勧誘をされることも多いです。その気がないのに、勧誘を断れず商品の購入やメニューの契約をして後悔するのは、残念なこと。気持ちよく痩身エステを利用するためにも、スマートに勧誘を断る方法を覚えておきましょう。

エステティシャンの勧誘方法

エステティシャンの勧誘方法には、いくつかのパターンがあります。あらかじめ、対策法を練っておけば、思ったより気楽に勧誘を断れるものです。どのような勧誘方法があるか、紹介していきます。

ローンを勧められる

最近では、初めてサロンを利用する人のために、初回だけのお得な料金プランを提供する痩身エステが増えています。エステ側が、2回目以降も利用してほしいがための初回破格のプランです。ところが、激安の初回お試しプランのみを利用して、2回目の利用はなしという人もいます。何度も通うほど予算がないなどが、断る理由の代表です。そこでエステティシャンが提案してくるのが、ローンの利用。ローンを組んでもらえば、何度も通ってくれるため、痩身エステではローンを勧めることが多いのです。

個室に通される

強引な勧誘はしないという宣言をしながらも、エステには勧誘のマニュアルがあるのが一般的です。お客様を個室に通すのも、勧誘方法のひとつ。ごく普通のメニュー利用のはずが、個室に通されると、特別待遇をされているように感じてしまうものです。サービスをされていると断るのが申し訳ない気分になり、勧誘に負けてしまう人もいます。しかし、お願いして個室に通してもらっているわけではないため、勧誘を受けなければいけないと思う必要はありません。

断り方のコツ

痩身エステに行く人は、痩せたいというコンプレックスや美しくなりたいという願望を持っています。そこを突いてくるのが、エステティシャンの勧誘です。エステの勧誘を上手に断るコツについて、紹介します。

カウンセリングの時点で断る理由をつくっておく

エステに行くと、まずはカウンセリングを受けるのが通常の流れです。カウンセリングで一連の説明を受け、納得できたら施術を受けるのが一般的。まずは、カウンセリングのタイミングでも、断りやすい理由や雰囲気を相手に伝えておくことが大切です。勧誘しやすいスキを見せてしまうと、エステによっては軟禁状態で長時間にわたって勧誘されることもあります。いかなる勧誘にも乗らない、という態度を最初から見せておくようにしましょう。

キッパリ断る

乗り気でないメニューや商品購入への勧誘には、キッパリと断る姿勢を見せる必要があります。押せば何とかなりそうなお客と判断されないよう、注意しましょう。断るつもりでいるなら、やんわりと否定するのではなく、キッパリとした態度ではねつけるのが正解。押しても無駄だと思えば、エステ側も勧誘に使う時間が惜しいと引いていきます。エステティシャンに理解してもらうのは、いくら勧誘しても無駄だという事実のみなのです。

断る理由を言うのはNG

エステの勧誘を断る理由を相手に伝える必要はありません。お金がない、通う時間がないなど、エステ側でも、お客が断るパターンをマニュアル化しています。理由など関係なく、申し込む気がないと告げるコツを紹介します。

痛みが心配

エステのメニューは、目覚ましく進化しています。超音波やラジオ波など、体に照射したらどのような感覚があるのか、未体験ではわからないことだらけ。もしかすると痛みを感じるのではないかと、心配になるのも当然です。実際、ハンドマッサージなどは、痩身マシーンよりも強力な圧力や揉み出しをすることがあります。ただし、痛みが心配だからということを理由に勧誘を断ろうとしても、難なく切り返されてしまいます。痛みは全く心配ないと説得されるだけですから、痛みを理由に勧誘を断ろうとするのは避けましょう。

お金がない

持ち合わせがない、エステに通う料金を支払えるか不安など、お金を理由に勧誘を断ろうとするのも避けるようにしましょう。お金がないという理由は、よく使われるパターンです。それだけに、エステティシャンも対応に慣れています。今お金がなくても、ローンを組めばよいと返されてしまい、誘導されるままにローンを組むことになってしまう人は少なくありません。ローンが組めない事情がない限り、お金がないことを理由に勧誘を断ろうとするのは難しいと考えておきましょう。

家族に確認したい

痩身エステに通うにはまとまったお金が必要ですから、家族に相談したいという理由を出して、勧誘を断ろうとする人も多いものです。ただし、勧誘を断る理由としても上位ランキングに入る部類ですから、エステ側も対策を練っています。この場合、今すぐに家族に連絡できるかと迫られることもあるようです。また、悪質なエステであれば、軟禁状態にされてしまうこともあるため要注意。家族に相談という理由は、エステの勧誘を断る理屈としては適さないでしょう。

正しい断り方

エステで勧誘されたときに正しく断る方法は、限られています。少しでも迷っている雰囲気を見せると、強い押しや粘りの勧誘に出られる可能性が高いです。どのような態度で勧誘を断れば相手が引くのか、紹介します。

即決しない

その場で即決しない、という断固とした意思を示すことは重要です。家族と相談するなど、自分の意思以外に関わる部分があるようなあいまいな態度を見せると、スキがあると判断されてしまいます。痩身エステに通うかどうかは自分で決めるものとして、一度自宅で考えて自分で決めるという決意を示しましょう。他の人の意見が入り込む余地はないのだと、エステティシャンにわかってもらうことが必要なのです。

「やめておく」という意思を繰り返し伝える

勧誘を断ることを既に決意している場合は、やめておくという意思を何度でも繰り返し伝えることが効果的です。エステティシャンも、押せばうなずかせることができそうだと感じれば、繰り返し勧誘してきます。勧誘には乗らないと決意しているのであれば、負けない意思で、やめておくと何度も告げること。何を言っても駄目だとわかってもらえれば、勧誘はされなくなります。

エリア別駅チカエステサロン検索

北は札幌、南は福岡までサロンを集めました。お近くのエステサロンをチェック!