痩身エステ大辞典 » 痩身コラム~痩せたいあなたのために~ » 背中で痩せる!ツボ押しとストレッチで気持ち良くダイエットする方法

背中で痩せる!ツボ押しとストレッチで気持ち良くダイエットする方法

COLUM

あなたの希望にアプローチ
効果◎な痩身エステNAVI

SLIM BODY

背中で痩せる!ツボ押しとストレッチで気持ち良くダイエットする方法

街中で前を歩いている人の背中に、年齢を感じてしまうことありませんか?

背中は自分の視界に入る部分ではないため、洋服屋で試着をした時や写真など客観的に自分の背中を見た時に、思わずショックを受けてしまうことがあります。背中の筋肉は、加齢や猫背などの悪い姿勢などによってどんどん衰えてしまいます。
そのため、普段からストレッチや運動で鍛えていないと、背中の印象がいつの間にか老けてしまうことがあります。

しかし背中はしっかりと鍛えさえしていれば、痩せるポイントがたくさん集まっているのも事実です。ここでは背中や肩甲骨のストレッチ方法とダイエットに効果的なツボの場所をご紹介していきます。

背中がダイエットに重要な理由

ストレッチをする女性

身体の構造上のポイントから説明していくと、背中には大きな筋肉が多く存在しています。運動をする時には小さな筋肉を使うよりも大きな筋肉を使う方が多くのカロリーを消費するため、ダイエットするには効率がいいというのが一つのポイントです。
また筋肉量が増えればその分基礎代謝も上がるので、太りにくい体づくりにつながります。

脂肪を燃焼させる細胞!?

更に肩甲骨周辺には、脂肪燃焼を促す「褐色脂肪細胞」という細胞があります。肩甲骨周辺のツボを刺激したり、肩甲骨を意識しながら動かすストレッチにより、褐色脂肪細胞を刺激してムダな贅肉を効率的に燃焼させることができるのです。こういった肩甲骨まわりへ働きかけるダイエット方法として、「肩甲骨ダイエット」が話題になっています。

代謝アップに効果的な方法

背中のツボを押す

背中には代謝力を上げるツボがいくつかあります。代謝力が上がれば、食べ物から摂取する糖分や脂肪分などのエネルギーを燃焼しやすくなるので、ダイエットをする上ではとても重要なポイントとなります。しかしツボ押しのタイミングによっては、効果が出すぎたり逆効果になってしまうことがありますので、ツボ周辺の皮膚疾患がある場合や、食事の前後30分、入浴直後などはツボ押しは避けましょう。

自分でも押しやすい位置にあるものや、ストレッチで刺激しやすい位置のツボをいくつか紹介していきます。

膏肓(こうこう)

肩甲骨の裏にあるツボで、背中についた余分な脂肪を燃焼させる効果があります。

このツボを刺激する方法は、手を後ろに組んで息を吸いながら上体をゆっくりと上にあげ、次に息を吐きながらゆっくりと元の位置に戻します。直接刺激したい場合は手が届かない位置にあるので、寝転んだ状態でゴルフボールやテニスボールなどを使ってゴロゴロするといいかもしません。

大椎(だいつい)

大椎は、首の付け根と両肩を結んだ直線上あたりに存在します。

食事誘導性熱代謝をあげて、摂取したものが燃焼しやすい体を作ります。顎をひいて首を下に曲げると出てくる、背骨の一番大きな突起のすぐ下のくぼみを、人差し指で強めに押すとツボを刺激することができます。

腎兪(じんゆ)

ツボの位置は、腰のくびれにあたるウエストが一番細いところを目安として、背骨の指2本分外側に左右各1か所ずつにあります。

このツボは代謝を高めて内臓脂肪を燃焼させるほか、腰痛、冷え、月経不順などにも効果があります。腰に手を当てて仁王立ちポーズをし、親指でツボの位置を押しながらゆっくりまわして刺激します。

便秘はダイエットの大敵

便秘になると体にとって不要な老廃物がうまく排出されず、余分な栄養が脂肪として体に蓄積されてしまいます。また肌の不調の原因ともなってしまいますので、快適なお通じはキレイへの近道とも言えます。便秘になってしまった場合は、便秘に効くツボを刺激してなるべく早く解消するようにしましょう。

便秘点(べんぴてん)

肋骨の一番下の骨から指2本分下と、背骨から左右それぞれ外側に指4本分離れた位置にあります。名前の通り便秘解消に効くツボです。

自分でマッサージをする時は、腎兪と同じように腰に手を置いて親指で押します。状態をひねるように動かすと、ダイレクトに刺激することができます。また手が届かない場合は、ここでもゴルフボールやテニスボールを使って刺激してみるといいでしょう。意外と即効性があるツボなので、お腹の調子を見ながら、トイレにすぐ行ける環境でやりましょう。

大腸兪(だいちょうゆ)

腰のベルトラインに沿って、背骨から左右それぞれ指2本分外側にあるツボです。便秘点や腎兪よりも下の方に位置します。

このツボは大腸機能のトラブルを解消する効果があり、それ以外でも痔や腰痛にも効果があるとされています。ツボの辺りに握りこぶしを添えて、仰向けに寝て左・右とゆっくり体を動かすと刺激しやすくなります。手を添えるのが痛い時は、ボールなどを使うといいでしょう。

肩甲骨ストレッチ

肩甲骨周辺に存在する褐色脂肪細胞を刺激するストレッチをいくつか紹介します。

肩甲骨は普段活動している時は開いている状態ですが、ストレッチで肩甲骨を閉じる動作をするため肩こりの解消などにも効果的です。ストレッチ中は息を止めずにゆっくりと深呼吸しながら行いましょう。また痛みを感じる場合は、無理はせず回数を少なめにして徐々に体を慣らしていきましょう。

肩回し

まず肩甲骨周辺の筋肉をほぐしていくストレッチです。

  • ヒジ・肩・肩甲骨を全て動かすイメージで後ろに10回まわします。
  • 同じ要領で前に10回まわします。

肩の上下運動

  • 1, まっすぐに立った姿勢で息を吸いながら肩を上にあげます。
  • 2, 息を吐きながら元の位置に戻します。
  • 3, 呼吸を整えたら今度は息を吐きながら肩を下におろします。
  • 4, 息を吸いながら肩を元の位置に戻します。

1~4を1セットとして5回を目標にやりましょう。

タオルを使うストレッチ

  • 1, タオルを両手で持ちます。
  • 2, ヒジを曲げずにタオルを頭の上まで上げます。
  • 3, 息を吐きながら両肘を曲げて、タオルを首の後ろまでおろします。
  • 4, 息を吸いながら元の位置(頭の上)にタオルを持ち上げます。

1~4を1セットとして5~10回行います。

リラックス効果も得られる

ストレッチをすると普段伸ばすことがない筋肉なのですごく気持ちがいいです。深呼吸をしながら行うので、頭もすっきりとしてリラックスすることができます。

肩凝りや背中に疲れがたまっている場合は、動かすとゴリゴリいったり痛かったりしますので無理をせず、痛いけれど気持ちいいという程度にとどめておきましょう。

またダイエット中は食欲などの我慢することが多く、ストレスが溜まりがちになります。ストレスが溜まってしまうと暴飲暴食のリスクが増してしまいますので、時々ストレッチでストレス発散をおこない、長期戦のダイエットを乗り越えてみてはいかがでしょうか。

気持ちよくエステという選択肢も

HIFU(ハイフ):高密度焦点式超音波

背中はHIFU(ハイフ)というマシンで行われるエステが気持ちよく痩せられます。
ハイフは、痩身エステでおこりがちな痛みや青アザという副作用の可能性がほとんどなく、「気持ちよく安心して痩せられる」と話題の方法です。

他にはどんな施術があるの?

背中の脂肪を減らす方法としては、ハイフ以外にもキャビテーションやエンダモロジーなどのエステ施術がおすすめです。背中を効果的に痩せるエステについては詳しく説明してますので、ぜひ参考にしてみてください。

背中の肉を
なんとかしたいなら

スキマ時間を使って効果的に痩せる

目覚めのストレッチ

背中や肩甲骨のストレッチは、ダイエットを効率的にするばかりではなく、気分をリフレッシュする効果もあります。毎日ストレッチに時間を割くことができない場合は、ちょっとしたスキマ時間を使ってストレッチをするだけでも十分効果を得ることができます。

朝起きた時や布団から出る前に、大きく伸びてそのまま息を吐きながら10秒キープするだけでも血行がよくなって代謝がアップしダイエット効果がありますし、体が早く覚醒しやすくなりますので、ぜひ試してみてくださいね。

エリア別駅チカエステサロン検索

北は札幌、南は福岡までサロンを集めました。お近くのエステサロンをチェック!