痩身エステ大辞典 » 痩身コラム~痩せたいあなたのために~ » 結局痩せるコツってなに?これで解決9つのダイエット方法

結局痩せるコツってなに?これで解決9つのダイエット方法

COLUM

あなたの希望にアプローチ
効果◎な痩身エステNAVI

SLIM BODY

結局痩せるコツってなに?これで解決9つのダイエット方法

痩せたいと思って、いろいろなダイエット方法を試してみたけれど、どれも効果が得られなかった……。

青汁ダイエットはやったし、ホットヨガもやったけど、結局どれが合っているダイエット法か分からない……、とお悩みの方もいらっしゃいますよね。 そんな方でも痩せるコツさえ掴んでしまえば、簡単にダイエット効果を感じることに成功できるでしょう。

痩せるコツは、基礎代謝をあげること!

痩せるコツは、基礎代謝をあげること

基礎代謝という言葉を耳にしたことがあるという人は多いのではないでしょうか。私たちは食事から摂ったエネルギー(摂取カロリー)を、日常動作や運動によって消費しています。その他に、安静にしていても消費しているエネルギーがあります。これを基礎代謝と言い、基礎代謝は心臓を動かしたり、体温を保ったり、呼吸をしたりするなど、生命活動において欠かすことができない代謝なのです。

この基礎代謝は「何もしなくても勝手にエネルギーを消費する」体内の活動であり、仕組みです。消費カロリーは日常動作・運動・基礎代謝で使われるエネルギーのことなのです。 基礎代謝を上げてヤセ体質を作ることが体重減少につながり、痩せるコツといえるのではないでしょうか。

有酸素運動と無酸素運動でカロリー消費

基礎代謝をアップさせて、痩せやすい体を作るためには、筋肉量を増やす必要があります。基礎代謝の元となる、心臓や肺などの動きには筋肉が大きくかかわっているからです。筋肉を鍛えることによって、代謝を自然とアップさせることができるのです。 また有酸素運動は脂肪燃焼に効果的な一方、無酸素運動はエネルギー燃焼が良いとされているので両者をうまく組み合わせる事によって、より効率的にダイエットを進める事が出来ます。身近な有酸素運動と無酸素運動についてご紹介していきます。

適度な運動

運動と言ってもいきなり激しい運動を行う必要はありません。まず日常の生活の中で、なるべく体を動かすことを意識付けることが大切です。例えば移動で車を使っている人は、電車やバスなどの公共交通機関を利用したり、いつもエスカレーターを使っている人は階段を利用してみるのも良いでしょう。身体が運動に慣れてくれば、ランニングを取り入れるのもいいですね。適度な運動は筋肉を鍛えるカギになってくるのです。

ストレッチ

体の曲げ伸ばしだけで筋肉が鍛えられるの?と疑問に感じますが、ストレッチを行うことによって、凝り固まってしまった筋肉を活性化させることに繋がります。またじっくりと時間をかけてストレッチをすると、思ったよりも全身の筋肉が使うことになるので、運動が苦手という人にもおすすめです。

水泳

水泳は水中での水圧がかかるので、陸上に比べ、身体への負担が軽いのに、しっかりと筋肉に負荷をかける事ができます。さらに、有酸素運動と無酸素運動の組み合わせの運動でもありますので、脂肪が気になる人やエネルギーを消費したい人、どちらにも嬉しい運動なのです。

筋肉トレ-ニング

ダンベルや重量挙げなどの瞬時に筋肉に負荷をかける筋トレは、無酸素運動の一つに挙げられます。今の筋肉をもっと鍛えたい人でも、それほど重たい負荷をかけずにトレーニングができます。女性ならば1キロくらい、男性ならば3キロくらいのダンベルを上げ下げするだけでも、効果的に筋肉を鍛えることができます。

適度な食事制限で、効果的に脂肪燃焼

適度な食事制限で、効果的に脂肪燃焼

適度な運動を取り入れつつ、食生活を見直すことによって、さらにダイエット効率をアップさせることができます。痩せやすいとされている、食事のコツについてご紹介します。

夜9時以降は食べない

仕事が遅かったり、などでどうしても夕食が遅くなってしまう人もいます。しかし、夜10時以降は体内で脂肪をため込もうとする酵素が活発に働くため、食べた食事のエネルギーをため込みやすくなるのです。また寝ている時にも常に消化活動が行われるため、眠りの妨げにもなってしまいます。遅くても夜9時までには夕食を摂り、遅い時間の夕食は200klca程度にとどめ、野菜をふんだんに摂り入れるように心がけると良いでしょう。

良質なたんぱく質を摂る

基礎代謝アップを図るために、欠かせないとされる筋肉を増やすためには、たんぱく質の摂取が重用になってきます。たんぱく質は肉や魚、卵や乳製品・大豆製品に含まれています。良質なたんぱく質を取ることが重要です、肉なら低脂質の赤身や鶏胸やささみなどを選んだり、魚は赤みより白身の方が低カロリーなので、ダイエット中はおすすめです。

青汁を飲む

野菜や果物に含まれるビタミン、ミネラルは体の代謝を活発にする上で、欠かせない栄養素です。しかし、近年の国民健康栄養調査では、各年齢で野菜不足が指摘されています。そこで有効なのが青汁です。青汁なら栄養素をしっかりと取れますし、外食が多くて野菜不足が気になる方にも、粉末青汁でしたら、簡単に必要な栄養素を摂取することができます。

体を温める食材を摂る

体を温めることによって、代謝をアップにつなげることが出できます。しょうがやトウガラシ、こしょうなどを普段の献立にプラスして、体を温めることを心がけるといいでしょう。

朝食を食べる

朝食を食べることによって、体の基礎代謝量をアップさせ、痩せやすい体づくりにつながります。また、1日を良いコンディションでスタートさせることが出来ます。それには、主食、主菜、副菜をそろえることが重要となってきます。パン食ならパン、サラダ、チーズや牛乳、ご飯ならご飯、お浸し、卵焼きや納豆などバランスよい食事をすることがおすすめです。そうすることで、血液循環をスムーズにし、代謝をあげることができます。

痩せるための体質を作るには

痩せ体質を作るには

今まで何となくダイエットをしてきたけれど、イマイチ効果がなかったと思う人も多いと思います。身体の代謝を上げて、運動や食事を工夫することによって、効率的に痩せることができるのです。日ごろ運動習慣がない人でも、始めやすい運動を取り入れたり、食事を見直すなど、自分に合った方法でヤセ体質を手に入れてみてはいかがでしょうか。

エリア別駅チカエステサロン検索

北は札幌、南は福岡までサロンを集めました。お近くのエステサロンをチェック!