痩身エステ大辞典 » 3つの体質から見る痩身エステおすすめメニュー
 

3CONDTION

3つの体質から見る
痩身エステ
おすすめメニュー

自分の体質を知って、より高い痩身効果を

「太っている」「脂肪がついている」肥満はこんな一言で表現しがちですが、実際には脂肪のつき方や原因などによって大きく3つの異なる体質に分けられます。
それが「リンゴ型」「洋ナシ型」「バナナ型」という、それぞれの体質。自分の体質を知り、それに合った痩身エステを選ぶことで、最大級のダイエット効果が期待できるのです。
そこでまずは自分がどのタイプの体質に当てはまるのか、体質診断をしてみましょう。

あなたはどの体質?1分でできる体質診断

 
 

リンゴ型

全体的に丸い体系が気になる体質

リンゴ型の体質の人は俗にぽっちゃりと表現されることが多いタイプ。 全体的に丸い体型で、皮下脂肪よりも内臓脂肪が多いとされています。
食事は早食いでご飯やうどん、パンなどの炭水化物やお菓子などの糖質を好んで食べることが多いにもかかわらず、糖質を分解する力がもともと弱いのでどんどん内臓脂肪が蓄積されてしまいます。
日本人の3割がリンゴ型で、代謝と筋力を高めるのが解決のポイントです。

 
 

洋ナシ型

いわゆる下半身太りといわれる体質

上半身はそれほど太っていないのにお腹や太もも、お尻、足などに贅肉がついています。皮下脂肪が多く、基礎代謝が低いのでたくさん食べているわけでもないのに太りやすいタイプの人にみられます。
血液やリンパなどの循環が停滞しがちでセルライトがつきやすくむくみもみられる日本女性に多い体型です。洋ナシ型の人は皮下脂肪とセルライトの解消が課題です。

 
 

バナナ型

見た目は細く隠れ肥満リスクの高い体質

基礎代謝が高いのでたくさん食べても太らないことから一見太りにくい体質のようですが、筋肉がつきにくく落ちやすいため、脂肪がつき始めるとなかなか痩せにくいという最も厄介なタイプです。
一度タガが外れると歯止めが利かなくなるので、しっかり筋力をつけて脂肪を燃焼する力をつけることや循環をよくするなど体の内側から変えていく必要があります。

 
 

DIFFERENCE

どうして体質に違いがでるの?

遺伝子が体質&体系を決めている!?

なぜこの体質に合わせたエステだと痩せやすいのか。それは遺伝子に基づいた考え方だからです。
遺伝子には、肥満遺伝子が50種類以上あり、その1つであるβ-3アドレナリン受容体遺伝子が異常だと、脂肪の分解・代謝がしにくくなりリンゴ型へ。脱共役タンパク質1遺伝子が異常だと、脂質の燃焼がしにくくなり洋ナシ型へ。β-2アドレナリン受容体遺伝子が異常だと、筋肉がつきにくいバナナ型へ。遺伝子で決められた体質&体系だからこそ、それを逆手にとって痩せるのが、理にかなっているというワケです。