CONDTION

3つの体質から見る
痩身エステおすすめメニュー

APPLE

リンゴ型

日本人の3割を占める内臓脂肪の「ぽっちゃりさん」

リンゴ型体形の人は全体的に体が丸く、お腹がぽっこり出ているタイプ。お腹やウエスト、背中など上半身に脂肪がつきやすく、皮下脂肪より内臓脂肪が多いのが特徴です。 日本人の約3割がリンゴ型といわれていますが、消化が早いため大食い傾向が強く、ごはんやパンなどの炭水化物、スイーツなどの糖質が大好物。それでいて糖質分解力が弱いため、食べては糖分を体内にためこんで、内臓脂肪として蓄積していく…という悪循環で肥満化していきます。

リンゴ型のダイエットは代謝&筋力アップがマスト!

リンゴ型の人のダイエットは、ためこんだ内臓脂肪を撃退することがテーマ。リンゴ型の人は糖質をエネルギーに転換する基礎代謝が低いため、食べただけ脂肪としてためこんでしまう傾向があります。そのためリンゴ型のダイエットは代謝アップ、脂肪燃焼、筋力アップが不可欠で、表面的でなく体の深部まで行き届く作用のあるマシンやトリートメントが必要。
エンダモロジーやハイフ、インディバなど、筋肉に直接働きかけるものや深部を温めて脂肪分解や代謝を高める効果のあるコースがおすすめです。

 

リンゴ型が痩せるためには?

  • 食生活の改善

    食事内容と同じくらい重要なのが、食べ方です。食物繊維が豊富な野菜から食べはじめて、その次はおかず。食欲がある程度満たされたところで炭水化物を食べることで、量をコントロールしやすくなります。また、しっかりよく噛む習慣をつけることも、りんご型のダイエットに役立ちます。噛む回数を増やすために、歯ごたえがある副菜を取り入れるのも良いですね。パリパリ、シャキシャキなど食感の違いを楽しみながら食事をすると、自然と噛む回数も増えます。逆に柔らかいものばかりの食卓は早食いの原因になりやすく、あまりおすすめできません。副菜に活用しやすい食材としては、ごぼう、キノコなどがあげられます。小魚やナッツなどで食感のアクセントをプラスするのも良いですね。

  • 有酸素運動

    脂肪燃焼を促すため、有酸素運動を始めてみましょう。ウォーキングやヨガなど、適度な有酸素運動なら運動習慣がなかった方でも挑戦しやすく、思いたったらすぐ挑戦できるはず。スポーツクラブの初心者クラスに参加すれば、一緒に取り組む仲間ができて楽しく継続できますね。運動の仕方としては、30分程度は連続して行うことを心掛けましょう。これは脂肪燃焼がはじまるまでには20分程度かかるといわれているためです。また、1時間早起きして自宅の周りをウォーキングする、会社帰りにヨガクラスに通うなど、運動を日々の習慣にしていくことも重要。適度に身体を動かすとストレス解消効果も期待されて、甘いものを食べたい欲求も減ってくるようになります。室内でできる有酸素運動もあるので、自分にあわせた身体の動かし方を考えていきましょう。

エステで効率的に痩せる

セルライト(脂肪)対策:キャビテーション

ついてしまった内臓脂肪、セルライトの対策なら、キャビテーションがおすすめです。超音波で脂肪細胞にアプローチし、細かく分解することで排出しやすい状態へと導いてくれます。ゆっくり身体の内側から温められている感じが心地良く、リラックスできるケアメニューです。脂肪が硬くなったままでは、なかなかデトックスが進みません。キャビテーションで脂肪を流れやすい状態にすることで、体外への排出を促します。りんご型はぽっこりお腹になりやすい体質なので、ウエスト周りを中心にトリートメントしてもらうといいでしょう。セルフケアではなかなか落とせないセルライトに対しても、効果的にアプローチできます。気になる皮膚表面のでこぼこを目立たなくしていき、なめらかに整える効果が期待されます。

リンゴ型体質
おすすめのキャビテーションがあるサロン

おススメサロン

Bloom

 

キャビフル

体験価格4,000円

通常価格8,000円

キャビフルとは、特殊な超音波によって脂肪分解、セルライトケアが可能な最新トリートメントです。太ももの裏、お腹周りなどに効果が期待できます。今なら半額の4,000円で施術を受けらます。

 

Bloom口コミ

体に合わせて施術をしてくれるので助かってます

定期的に施術をお願いしています。いつも体の状態をチェックしながら必要な部分を施術してもらえるので、終わるといつも体が軽くなります。

頑固なセルライトが柔らかくなりました

太ももとお腹にやってもらいました。あれだけ固くなっていたセルライトが、施術後には柔らかくなっていて驚き!次回が楽しみです。

利用しやすい値段設定だと思います

期待通りの施術と結果に大満足です。料金も手ごろで受けやすいのがいいですね!余計な勧誘もないし、快適に過ごすことができました。

何となく言った言葉を気にしてくれました

太ももの裏のエステをお願いしていました。ふと「ヒップも気になる」とこぼしたら、ヒップに近いところまで、みっちりとキャビをかけてくれました!気遣いが備わったサロンですね。

Bloomの基本情報

Bloom新宿店

所在地 東京都新宿区西新宿1-3-17 新宿第一アオイビル5F・6F
アクセス JR新宿駅より徒歩2分
営業時間 11:00~21:00

Bloom表参道店

所在地 東京都渋谷区神宮前5-2-6 コロネード神宮前B1F
アクセス 東京メトロ表参道駅出口A1より徒歩2分
営業時間 11:00~21:00

Bloom銀座本店

所在地 東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER8F
アクセス 東京メトロ銀座駅A2出口より徒歩2分
営業時間 11:00~21:00
Bloom
画像引用元:Bloom公式(http://bloom.ne.jp/)

リンゴ型とは?

りんご型とは、β3AR遺伝子に変異が見られるタイプです。β3AR遺伝子に変異があると、基礎代謝が低くなってしまうため、他の肥満遺伝子よりも肥満の影響を受けやすい傾向にあります。同じだけカロリーをとった場合、β3AR遺伝子に変異がない人と比較して約10kgも体重が増えやすいというデータも。特に内蔵周りに脂肪がたまりやすいため、生活習慣病になりやすいところも問題です。また、生まれつきの体質であるため、意識的に生活改善していかないとスムーズなダイエットは難しいでしょう。日本人の3人に1人はりんご型といわれており、年齢とともに基礎代謝が低下すれば、さらに肥満リスクは高くなります

リンゴ型の特徴

糖質代謝が苦手で、インスリンの効きが弱い傾向があります。食後に血糖値が高くなりやすい体質なので、糖質をセーブする食事の工夫が重要。血糖値が上がることを快感に感じやすく、ストレスがたまると食べることへの欲求が現れやすいため、注意が必要です。また、糖質代謝が弱いために、内蔵あたりを中心にお肉がつきやすいという特徴も。糖質カットをうたったサプリメントを上手に活用すると、ダイエットに役立つかもしれません。そうした工夫で糖質代謝をサポートしたり、デトックスをうながしたりして、摂ってしまった糖質を身体の中に蓄積せずに排出する、理想的なサイクルを作っていきましょう。

  • 体形
    お腹周りが太る(内臓脂肪がつきやすい)

    内蔵あたりに脂肪がつきやすく、ぽっこりお腹が気になるようになります。横隔膜よりやや下の「腸間膜」にはとくに脂肪がたまりやすく、下腹がでていることをコンプレックスに感じる方は少なくないでしょう。内臓脂肪がつきやすいと、糖尿病や高脂血症も心配ですね。メタボリックシンドロームも指摘されやすいので、意識的な生活改善が求められます。また、このタイプは男性に多い遺伝子型というイメージがありますが、女性にも同様のリスクがあります。基礎代謝が落ちてくる閉経後に内蔵肥満傾向がでやすく、エネルギーをためこむ身体になってしまうためです。健康面でのリスクも不安になるため、早いうちからの対策を考えましょう。

  • 食事の傾向
    ごはん・甘いものが好き

    本能的に糖質を求める傾向が強いため、炭水化物や甘いものを好みます。ごはんや麺類、パスタなどの炭水化物や、甘いお菓子を食べ過ぎないようコントロールしていきましょう。よく噛んで、ゆっくり食べる工夫も必要です。一気に食事をすると「お腹いっぱい」のサインが届く前に食べ過ぎてしまって、摂取カロリーが増えてしまいます。1口30回以上噛むことを目標として、ゆっくり味わいながら食事をしましょう。一気にたくさん口にはいれず、少しずつお箸で食べ進めます。炭水化物を食事の最後に持ってきて、他のものを優先的に食べるのも良いでしょう。

  • 生活習慣
    血糖値が下がると落ち着かない

    血糖値が下がるとストレスを感じやすいため、しっかり食事が取れないと身体がスムーズに動きません。規則正しいリズムで食べて、ストレスからくる「ドカ喰い」を予防しましょう。ストレスを感じたときには甘いお菓子に手が伸びてしまいがちですが、ヘルシーなものを中心に、腹持ちがいい食事内容を考えてみるのも効果的。炭水化物で太りやすい体質とはいっても、全く食べないダイエットはリスクがあるもの。糖質不足は、集中力低下や体内時計の乱れを招いてしまいます。そうなると基礎代謝も余計に衰えて痩せにくい体質になってしまうため、適度な炭水化物は必要といえます。